なぜ職務経歴書は重要なのか

MENU

職務経歴書が転職活動で最重要な理由

理由は3つあります。

 

書類選考を突破するため、転職エージェントから自分に合った求人を紹介してもらうため、面接対策のためです。

 

まず一つ目の「書類選考を突破するため」ですが、同業種・同職種の場合であればまだよいかもしれませんが、異業種・異職種であれば普通に職務経歴書を作成しただけでは、通過はしないでしょう。

 

同業種であっても不景気であれば買い手市場になるので、異業種同様に採用条件を満たしていることを書類上で表現する必要があります。

 

二つ目の「自分に合った求人を紹介してもらう」ですが、採用活動を行っている企業を顧客とする転職エージェントにとって、商品である求職者の扱いというのは職務経歴書にかかってきます。

 

良い内容であれば、希望の求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

 

一方で、ミスマッチな内容であれば求職者の希望通りの求人を紹介してもらえません。アドバイザーにあれこれ理由を付けられて違う求人を紹介されるか、求職者の気に障らないようにやんわりと断ります。

 

三つ目の「面接対策のため」ですが、基本的に面接は履歴書、職務経歴書に沿って行われます。

 

つまり、採用を決めるにあたって必要な情報が書類上に記載されていればよいのですが、そうでない場合は、面接官は気になって求職者に質問をします。

 

ついうっかり辻褄の合わないことを話そうものなら、ヒヤヒヤものです。

 

圧迫面接はストレス耐性を図るために行う場合もありますが、物足りない職務経歴書が圧迫面接を生むこともあるということを覚えておきましょう。

 

逆に、十分な情報が記載されている履歴書・職務経歴書は対面する前から良い印象を与えることができ、面接もプレッシャーを感じずにスムーズに進みます。

 

これは本当にあっさりとしています。なんせ、書類を見て確認の意味で質問をしてくるだけです。

 

このような面接は面接官が決定権を持っていれば場合によっては1回で決まります。実際に経験済みです。

 

それにしても、あまりにもあっさり決まったので、後で採用担当者に「なぜ、私を選んだのか」を見解を聞いてみました。

採用担当者の見解

採用担当者に私を選んだ理由を聞くと、「一応他の人も面接に呼んだけど、職務経歴書の内容で決めた」と言われました。

 

これほど嬉しいことはありません。

 

一方で、「他の応募者から送られてきた職務経歴書が使い回しているような感じで、内容もあまりにも期待外れだったんだよね」とも言っていました。

 

職務経歴書の内容が満足できるものだったら良いのですが、期待外れな内容の応募書類を審査するのは、採用関係者にとって無駄な時間を過ごすことになります。

 

それを防ぐために、自己PR書や志望動機書といった形で職務経歴書とは別途に書類を作成させて応募へのハードルを上げる企業もでてきています。

 

多くの人が応募する大手企業や人気企業でこの傾向があります。

 

「いや私は使い回しではなくて、応募する企業ごとに作成している」ということであれば、採用関係者が望む内容になっていないと考えるべきです。

 

そこで、問題のある職務経歴書とはどういったものなのでしょうか?

問題のある職務経歴書

転職サイトへの求人掲載や転職エージェントに依頼をしてる以上、採用担当者は優秀な人材を確保するために条件を満たす人物に多く会いたいと思っています。

 

ところが、なかなか希望する人材を見つけることは難しいこともあります。

 

この原因は企業が求める条件を反映していない職務内容や自己PR、志望動機の書き方にあります。

 

特に、自己PRや志望動機は得意なことや自慢など自分本位なことをただ書けば良いというものではありません。志望する会社にどう貢献できるか、活躍できるかを書かないといけないのです。

 

応募する会社ごとに書類を作成しているけど、書類選考に通らないという人の多くは、採用する側が自己PRや志望動機を見てどう思うかという視点が欠落しています。

 

例えば、マネージメント職を志望しているのに今までの営業実績をアピールしても意味はありません。

 

営業実績を上げるために関係のある周りの人をどうやってマネージメントしたのかという経験を自己PRなり、志望動機なりに反映させてアピールするべきです。

 

もし仮にそういった経験がなくても、応募している仕事をこなしていけると思わせるような内容をピックアップしてアピールするとよいでしょう。

 

自分の言いたいことではなく、採用する側の視点に立って志望動機や自己PRを書くというのがポイントです。

 

この採用する側の視点に立った業界・職種別の職務経歴書の書き方を無料の転職エージェントでは専任アドバイザーが1対1で詳しくアドバイスしてくれます。

 

>> 採用する側の視点に立った職務経歴書の書き方アドバイスを受けてみる

 


 

職務経歴書によくある失敗 に戻る

 


このエントリーをはてなブックマークに追加