職務経歴書と転職エージェントとの関係

MENU

転職エージェントとの関係

皆さんも希望する会社へ転職したいと思い、転職エージェントに登録したけど、求人紹介を断られたり、希望とは全く違う求人を紹介されたなんてことはあるのではないでしょうか?

 

求人紹介までいけばまだましです。

 

実際に、転職エージェントに登録したのに「経験に合う求人を紹介できない」という内容のお断りメールが来たことがあります。

 

他では断られたことがなかったので「ええっ?」と思いました。

 

これには後日談があって、その転職エージェントは転職エージェントを検索できるポータルサイトから登録して断られたのですが、しばらく経ってから別のサイトで後からスカウトが来ました。

 

このようなこともあるので、1つくらい断られてもあまり気にする必要はないです。

 

また、転職エージェントとの面談に行っても違う求人を紹介されたり、結局何も紹介してもらえないということもありました。

 

こっちの方がちょっとショックだったのですが、引きずっていてもしょうがないので転職活動を進めていきました。

 

実は、求人紹介を断られたり、希望と違う求人を紹介されるのには二つの事情があることに気づきました。

 

一つ目は単純に求職者が希望する求人を持っていない、二つ目は職務経歴書の内容が採用企業側が求める条件と合っていないということです。

 

では、それぞれの事情について見ていきましょう。

希望する求人がない

転職エージェントがどうやって成り立っているかというと、求職者を募って企業に紹介することで成り立っています。

 

それも、単に紹介するのではなく、企業の求める人材を紹介しなくてはなりません。

 

ところが、企業の求める人材を紹介できない転職エージェントは企業からの仕事が減ってしまいます。

 

DODAを運営するインテリジェンスやリクルートエージェントを運営するリクルートキャリアのような大手の転職エージェントは規模を活かして多くの求職者を集めてくるので、企業の求める人材を紹介することが可能です。

 

もちろん、求人開拓も規模を活かして行うので求職者も集まります。

 

一方で小規模の転職エージェントは規模を活かして求人を集めることは難しいので、業界や職種に特化した専門の転職支援という形で差別化を図っています。

 

例えば、エンジニア職専門のメイテックネクスト、広告・マスコミ業界専門のマスメディアンなどです。

 

規模を追求できないところは専門化することによって生き残っているわけです。

 

これはどちらが良いということではありません。

 

大きくても専門的ではないので、求人を紹介できないこともありますし、専門的でも規模が小さいので求人を紹介できないということもあります。

 

結果的に、求人紹介を断られても、求職者自身のせいとは限らないのです。

 

この理由であればあきらめもつくかもしれませんが、次の理由の場合は気をつけた方がよいでしょう。

職務経歴書と採用条件が合っていない

転職支援がビジネスとして続くためには、企業の求める人材を紹介できることが前提というのは前にも述べました。

 

つまり、立場的には採用企業が最も強い権限があるわけです。

 

だから、企業が「この人はうちの求めている人材じゃないよ」と思われる求職者を集めても意味がありません。

 

そのためにどこかで一定の線引きをしないといけません。

 

その線引きの絶好の材料となるのが職務経歴書です。

 

職務経歴書を用いて採用企業が求めるものとのすり合わせをして、求めるものに近い経験をしている人を採用企業に紹介することで採用企業との関係性を保っているというのが、採用条件と合っていないという背景になります。

 

でもこの求人紹介を断られるということが一概に悪いとは言えません。

 

「今のまま応募しても採用企業の求める条件に達していないので落ちる可能性が高い」ということが事前に分かるようなものなので、これを逆にチャンスだと思って職務経歴書の書き方を再考すればよいのです。

希望の求人を紹介してもらうためには

単純に経験がない・不足しているはともかく、表現の仕方に問題がある場合は改善すればよいので登録を断られることもなく、求人紹介をしてもらえる可能性が高まります。

 

実際に、転職エージェントに登録する際に経歴を送りますが、その内容と希望業界・職種で必要とされる条件とのすり合わせを行います。

 

一致している部分が多ければ希望の求人が来る可能性があるので、もし希望の業界・職種が決まっているのであれば、それに沿った職務経歴書を作ることをおススメします。

 

ドキュメント作成能力という点から見ても、相手の望むものをうまくまとめられている書類は評価が高いです。

 

評価の高い職務経歴書は転職エージェント検索サイトにレジュメ登録すると転職エージェントの方からオファーが来ますし、採用企業も面接に呼んでみようという気になります。

 

無料の転職エージェントでは、評価される業界・職種別の職務経歴書の書き方を、専任アドバイザーが客観的な視点でイチから詳しくアドバイスしてくれます。

 

>> 評価される職務経歴書の書き方アドバイスを受けてみる

 


 

職務経歴書の位置づけ に戻る

 


このエントリーをはてなブックマークに追加