職務経歴書によくある失敗

MENU

よくある失敗

転職サイト、書籍で自己PRや志望動機の書き方を勉強して職務経歴書を作成している人もいるかと思います。

 

あるいはインターネット上にある自動作成サービスを利用したり、サンプルを使っているかもしれません。

 

かくいう当サイトも上記の分類の中に入るわけですが、入り口として使うのはよいのですが、そのままではダメです。

 

転職を考えている人が同じように見ているわけですから、採用企業の側からすれば金太郎飴のように切っても同じような内容の職務経歴書では通るはずがありません。

 

では具体的にはどんな内容の失敗があるのか自己PR、職務経歴書を例にみていきましょう。

自己PRによくある失敗

皆さんはどんな自己PRをしていますか?

 

新卒の就職選考でもよくあることなのですが、「リーダーシップがあります」「論理的思考能力が売りです」「コミュニケーション能力には自信があります」といった抽象的なことを自己PRしてしまうのはかなり危険です。

 

これらの文言に含まれている抽象的な能力は、あらゆる企業が求めていることであり、言葉そのままに書いても印象には残りにくいでしょう。

 

むしろ、コミュニケーション能力ならば面接のときの会話で判断できますし、論理的思考ならばそう思わせるような自己PRの書き方、話し方をすることで採用企業側に伝わるのではないでしょうか。

 

志望動機も同様で、他人が書きそうなありきたりな内容ではダメですし、「○○に共感しました」だけではNGです。

 

もう一歩踏み込んで、何故共感したのか自分のキャリアと紐付けられれば違ってくるでしょう。

職務経歴書によくある失敗

業界、職種ともに全く未経験での応募なのに、職歴を並べただけの職務経歴書はNGです。

 

竹やりで戦いに挑むようなものです。

 

さらにそれを複数求人に、また異業界・異職種の求人に応募しているのであれば危険です!

 

できれば1社1社カスタマイズしたいものです。

 

また面接対策として、想定問答集を作るという方もいるかと思いますが、実際の面接では想定外の質問が飛んでくる場合もあります。

 

それは運よく通った職務経歴書に書いてある内容がいまいちなので根掘り葉掘り聞いてくるわけです。

 

この深くつっこまれる時に感じるプレッシャーで頭の中が真っ白になってしまい、面接のペースが乱れると、不採用につながってしまいかねません。

 

しかし職歴の羅列ではなく、きちんと希望企業に沿った書き方をしていれば、面接のペースをこちらに引き込むことも可能です。

 

ですので、職務経歴書は単に書類選考に通ればいいというものではなく、面接を有利に進める目的で応募する企業ごとにアピールの仕方を変えて作成すべきなのです。

 

無料の転職エージェントでは専任アドバイザーが1対1で業界・職種別の面接を有利に進めるための職務経歴書の書き方を詳しくアドバイスしてくれます。

 

>> 面接を有利に進めるための職務経歴書の書き方アドバイスを受けてみる

 


 

職務経歴書と転職エージェントとの関係 に戻る

 


このエントリーをはてなブックマークに追加