職務経歴書の構成を考える

MENU

職務経歴書の構成を考える

職務経歴書を作成する時に、しっかりと考えておかなければいけないのが内容の構成です。

 

転職が初めての人や、転職経験があるけどいまいち書類選考の通過率が悪い人は職務経歴書が差別化できていない可能性が高いです。

 

テンプレートを使って職務経歴書を作成することは間違いではありませんが、書類選考でお祈りメールが来る人の多くはテンプレートと似たり寄ったりの内容で、オリジナリティに欠けています。

 

そこで、書類選考に通過するためのオリジナリティある構成を考えたいと思います。

 

なお、全ての職種でこの構成が適切であるという保証はありません。(営業・マーケティング系を例にして説明します)

 

職務経歴書に盛り込むべき項目とは?

職務経歴書作成の流れでは、項目ごとの書き方を紹介していますが、全ての項目を職務経歴書に書く必要はありません。

 

何でもかんでも書いてしまうのは多くの応募者の中に埋もれてしまいます。

 

理想的なのは応募する企業にとって必要なことが書かれている職務経歴書です。

 

その構成とは、

  • 職務要約もしくは職務経歴書の要約
  • 直近で勤めていた会社の概要
  • 仕事・活動内容(箇条書き)
  • 対象顧客(箇条書き)
  • 顧客数(箇条書き)
  • 成果・実績(箇条書き)
  • 直近以前に勤めていた会社の概要(転職経験がある場合)
  • 仕事・活動内容(箇条書き)
  • 対象顧客(箇条書き)
  • 顧客数(箇条書き)
  • 成果・実績(箇条書き)
  • 今まで勤めた会社での成果(営業であれば成績、事務系であれば成し遂げたこと・改善したことなど)

になります。

 

最後の成果・実績の部分を各会社の職務内容に含めて書いて、最後に自己PRもしくは得意分野・スキル、志望動機などを書く形でも構いませんが、成果・実績を最後にした方が全体的にすっきりして差別化になります。

 

また、職務経歴書の冒頭に職務要約を書きますが、できれば、職務経歴書の要約の方が採用担当者の目に留まるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加