志望動機の書き方

MENU

志望動機の書き方

自己PRや志望理由、退職理由と並んで書き方に困るのが、志望動機です。

 

志望度の高い企業であっても、低い企業であっても、いざ志望動機を書こうとするとなかなか書けないものです。

 

実は書類選考では、志望動機が書かれていなくても通過します。

 

志望動機がうまく書けなくて応募に踏み切れないでいるなら、あえて書かずに応募するのも一つの方法です。

 

ただし、ここで気をつけたいことが2つあります。

 

  • 競争率の高い企業ほど志望動機を重視していること
  • 志望動機を書かずに書類選考を通過しても、面接に進んだ段階でかなりの確率で聞かれるということ

 

です。

 

面接で何らかの形で志望意欲を問う質問がされるのであれば、応募書類に書かないにしろ、あらかじめ志望動機は考えておきたいものです。

 

肝心の、志望動機をどうやって書くかですが、おすすめの構成は

 

  • A社で働きたいという主張
  • なぜA社で働きたいと思ったのかという根拠
  • 根拠をさらに強めるためのエピソードや実績・スキルなどの具体例
  • 将来こういう風になりたい(こういう仕事をしていきたい)

 

です。

 

「A社で働きたいという主張」とは
自分の志や望んでいることを書きます。例えば、「顧客と接する仕事がしたいと思い志望した」などです。

 

職場環境や社風に惹かれたなどのような書き方は、当たり前のことなのでおすすめしません。

 

なぜA社で働きたいと思ったのかという根拠
「顧客と接する仕事がしたいと思い志望した」であれば、なぜその仕事がしたいのかを具体的にしましょう。

 

簡単に言うと、「今の仕事は仕事内容が限定されていて顧客と接する仕事ができないから」になります。

 

根拠をさらに強めるためのエピソードや実績・スキルなどの具体例
なぜ仕事内容が限定されているのか、その状況を変えることはできないのか、あるいは変えようと行動したのかなど具体的なエピソードを交えながら書きます。

 

誰でも○○したいという主張はできますが、根拠と根拠の信頼性を増す具体例がないと採用担当者は不安を感じ採用を躊躇してしまいますので、注意しましょう。

 

将来こういう風になりたい(こういう仕事をしていきたい)
将来こういう風な人間になりたいとか、こういう仕事をしていきたいという内容でまとめます。

 

例えば、「顧客と接する仕事をしていく中で、顧客の要望を反映したソフトウェアを開発したい」といったところでしょうか。

 

志望動機を作る際に必要な材料とは

志望動機の構成を見てもらうと分かりますが、自分のことと会社のことを知らないといけません。

 

つまり、職務経験の棚卸しと企業分析が必要になります。

 

特に企業分析は、新卒の時のように生の声を聞く機会がほとんどないので、やりにくいと思いますが、企業にヒアリングをしている転職エージェントを使えば効率的に情報が集まるので、利用してみましょう。

 

その点転職業界大手の転職エージェントは情報収集力が高いので、専任アドバイザーが志望動機も含めて職務経歴書全般にわたって、志望意欲の高い書き方アドバイスを無料で詳しくしてくれます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加