得意分野・スキルの書き方

MENU

得意分野・スキルの書き方

得意分野・スキルですが、これを自己PRとしてもよいですし、別途自己PR作成をしてもよいです。

 

書く量ですが、3項目ほどに分けて書き、1項目あたり150字〜200字程度でまとめます。

 

■参考例

 

・インターネット広告のスキル・業務経験
新卒入社した会社では、インターネット広告の運用管理に従事。合計20クライアントに携わり、アクセス数の大幅な改善やアクセス解析を併用して資料請求数の費用対効果を改善させるレベルにまで、スキルを磨きました。その経験をもとに前職ではコンサルティング担当にステップアップし広告運用知識を活かした業務提案で費用対効果の改善はもちろん自社の売り上げ増に寄与しました。(177字)

 

・顧客対応力
インターネット広告運用管理業務での顧客対応において、新卒入社した会社では入社当初は前任の顧客対応がきちんとなされていなかったためクレームに近い問い合わせが多かったものの、半年間かけて解決していきました。顧客対応にあたっての基本姿勢として、傾聴・小さなYES を積み重ねる、といったことを意識しておりました。(153字)

 

・業務処理能力
新卒入社した会社ではインターネット広告の運用管理業務と営業事務の業務を同時進行で取り組んでいました。営業事務の業務で定型化できる作業は定型化して、業務の重要度合いに応じて運用管理業務と入れ替えるなど都度対応していました。(110字)

 

※注意
これは管理人が実際に使用したものをカスタマイズして掲載しています。

 

従って既に使われたものをそのまま使用しても書類選考通過の保証はできませんし、著作権がありますので、その点ご注意ください。

 

みなさんの経験されている仕事に合わせて書き直してご使用ください。

 

書き方が分からない人は無料の転職エージェントに登録すると、1対1で詳しく専任アドバイザーがアドバイスしてくれるのでおすすめです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加