キャリアの棚卸し(自己分析)をする

MENU

キャリアの棚卸しをしよう

みなさんはいきなり職務経歴書を書こうとしていませんでしょうか?

 

その前にしなければならないことがキャリアの棚卸し(自己分析)です。

 

職務経歴書のテンプレートを見ながら、自分の経験に置き換えて書くという方法もありますが、頭の中を整理していない段階で書こうとしても良いものはできません。

 

キャリアの棚卸しをして情報を取捨選択できる状態にしておきましょう。

 

そこで肝心のキャリアの棚卸しの方法ですが、職務経験を時系列に書き出す事から始めます。

 

例えば、社名とどんな仕事(プロジェクト)を経験してきたかを簡単でいいので全部書き出します。

 

2007年〜2010年 A社 ○○職
・△△プロジェクト
・○×プロジェクト

 

2010年〜2012年 B社 ○○職
・×△プロジェクト
・△○プロジェクト

 

こんな感じで書き出します。

 

そして、一つのプロジェクトの中で、プロジェクトの概要、身に付けたスキル・知識、成果をさらに書き出していきます。

 

ポイントは、具体的な数値とプロセスです。

 

あいまいな内容は評価されませんし、成果だけを聞かされても説得力がありません。

 

頑張ったことや苦労したことを思い浮かべながら書き出しましょう。

 

また、周りとの関わり方についても意識すると良いでしょう。

 

採用担当者は求職者がどんな人なのかを気にしているので、人柄が表れているエピソードがあればそれも盛り込みましょう。

 

キャリアの棚卸しは概ねこのような感じで行います。

このエントリーをはてなブックマークに追加