客観的意見のおかげで転職

MENU

客観的意見のおかげで転職

S.M(25歳・女性)
学歴:大卒
業種・職種:通信会社の営業事務→不動産会社の経理事務
年収:200万→250万
利用した転職手段:ハローワーク、リクナビNEXT、求人案内

 

 

大阪で一人暮らしをしていたが、病気になったため、退職して実家に戻る。回復後に転職活動開始。それまで販売職、ヘルパーの資格をとっての介護職等様々な職種を経験したが、自分に合っているのは事務職だと思い、また、長く・他の会社でも通用するよう、経理・総務事務に絞った転職活動をした。

 

ハローワークでは、履歴書・職務経歴書の書き方などを相談できるので、添削をしてもらったこともある。自分一人では転職活動に煮詰まってしまいそうな人は、ハローワークでの相談窓口で、その求人について、また自分自身についても客観的意見が聞けるのでおすすめ。よく知らない人だからこそ、話せることもあると思う。その甲斐もあり、地元の不動産会社で働けることになった。

 

その会社に決めた理由は、面接官、面接時のフィーリングだった。その会社は長年働いている人ばかりで、悪く言えば頭が固い人が多かったが、自分のやりたい仕事もでき、人間関係にも恵まれていた。

 

出産を機に退職したが、最後まで「この会社で働けてよかった」と思える会社だった。転職活動は自分に合った会社を見つけるのが難しく、また、なかなか採用にならずに数か月も決まらないという中、焦りとの闘いでもあった。

 


 

プライベートを充実させたい に戻る

 


このエントリーをはてなブックマークに追加