希望の部署への移動がない

MENU

希望の部署への移動がない

Y.K(20歳・男性)
学歴:短大卒
業種・職種リフォーム会社での配管工事→リース会社での総合事務
年収:160万円→200万円
利用した転職手段:タウンワーク(紙媒体)

 

 

短大を卒業してから学校の勧めで直ぐに就職をした私はIT・情報関連の専門校だったにも関わらず、地元の中小企業のリフォームの会社に就職しました。住まいは会社からの社宅を借りる形となり1人暮らしを始めました。運転免許も持っておらず仕事には必要だったため、会社の上司が資金を援助してくださって無事に運転免許もとらせていただきました。

 

しかしながら1年経っても希望の部署への移動がなく、話が違うという自分の中での怒りを抑えきれず転職を決意。当時は考えが浅はかだったせいで転職先を考える事もしないままに先に退社。退社後は仕事をしないわけにはいかないのでフリーペーパーを活用して直ぐに面接、即採用となりました。

 

採用をいただいたのはオフィス用品をリースする会社で、担当することになった部署は総合事務。その会社を選んだ理由としては、やはりPCを操作してする仕事をしたかったというただそれだけの理由でした。せめて短大で得た知識を少しでも活かせれたらという気持ちからでした。

 

転職活動については即採用をいただけたので何らつまづく点はなく、スムーズに行えたと自分では思えました。

 

転職後では言葉の通り「総合」と名が付くだけあって案の定デスクワークだけではありませんでした。自分が思っているようには出来ないし、なってはいかないものなんだと世間のルールを学びました。

 

これから仕事を選ぶ人たちへのメッセージとしては、今自分がおかれている立場を考えて、自分がしたい仕事と自分が出来る仕事というものを上手に天秤にかけて就職活動を行なってほしいと思います。焦る気持ちはあるとは思いますが焦り過ぎは入社して後悔に繋がり、また焦らなさ過ぎというのも危機感がなさ過ぎるので良い転職の機を逃す事になるということを覚えていてほしいと思います。

 


 

自分のキャリアという面では良かった に戻る

 


このエントリーをはてなブックマークに追加