転職エージェントを特徴から選ぶ

MENU

特徴から転職エージェントを選ぶ

様々な転職エージェントをよく見ると、それぞれに特徴があります。例えば、地元に戻って仕事がしたいのであれば、Uターンに強い転職エージェントを比較して選べば、効率的に転職活動を進めることができます。

 

ぜひ以下の一覧の中で、皆さんに合った転職エージェントを見つけてください。

 

仕事をしながら転職活動をするのは大変です。一人当たりの仕事量が増えている今、平日にエージェントとの面談を行うことは容易ではありません。退職をすれば時間は確保できますが、収入面での不安が常に付きまといます。貯金があったとしても日が経つにつれて企業から見た心証が悪くなっていき職に就きにくくなります。どちらにしても効率的に活動を進める必要があります。そこで活用しておきたいのが、セミナー・個別相談です。業...

転職すると決めたらすべきことは何か?企業研究、応募書類作成、転職サイト登録…頭では分かっていても、いざ取り組もうとすると自分の力だけでは足りない部分もでてきます。例えば、企業研究であればWebサイトを見て満足してしまっている自分がいないでしょうか?他には自己分析しただけ、面接対策も自己PR・志望動機を丸暗記しただけなど自己満足で終わるのではなく、他者の視点を取り入れる必要があります。そこで転職エー...

よく「お役所体質」という言葉を耳にすると思います。部下からの報告が上がってくるまでに内容が変わっている、トップからの指示が伝わっていない、行動に移すのが遅いなど。実は転職エージェントも「お役所体質」になりやすい要素を持ち合わせています。なぜなら、求職者の対応をするアドバイザーと求人企業の対応をする担当者が違う場合があるからです。求職者と企業の間に2人いれば、何らかの情報ミスマッチおよびレスポンスが...

リーマンショック以降、日本に拠点を置く外資系企業の撤退が相次いでいます。一方で近年中国へのシフトが進んでいるのも、コストが安く、市場も成長しているためです。国内企業もあらゆる業界が中国へ進出していますが、逆に力を付けた中国企業が日本企業を買収するといったことも起きています。国内で外資系の求人、語学力を活かせる求人がないからあきらめよう…と思っている人もいるかもしれませんが、それは早すぎます。もちろ...

Uターン、Iターンを考えている人にとってUターン・Iターン・地方求人にも強い転職エージェントに登録することは希望をかなえるための第一歩です。そこで当ページで紹介するUターン・Iターン・地方求人に強い転職エージェント(転職支援サービス)は、アデコとDODAの2つです。

転職を考えている女性にとって女性の支援に強い転職エージェントに登録することは希望をかなえるための第一歩です。そこで当ページで紹介する女性の支援に強い転職エージェント(転職支援サービス)は、WomanWillです。

信頼や安心がある、満足度が高いといっても、転職エージェントを利用したことのない人にとっては中々実感がわきにくいのは当然のことです。あくまでも利用したことにある人の統計データなので、これから登録しようと考えている人にとっては当てはまらないこともあります。自分には当てはまりそうもないから、利用するのは止めておこうという考えを持つことは否定しません。しかしそれはもったいなさ過ぎます。ある一定の人が信頼な...

第二新卒の就職活動の仕方が分からない 求人探しに苦労している 職務経歴書の書き方に悩んでいる どうやったら面接は通過するの?これらの悩みを解決する手段の一つが第二新卒の求人に強い転職エージェントを利用することです。そこで当ページでは第二新卒求人に強い転職エージェント(転職支援サービス)を紹介しています。

既卒の就職活動で求人サイトやハローワーク、母校の就職課を利用している人も多いと思います。もちろんこれらの手段でも既卒が受けられそうな求人を集めることはできます。でも・・・書類選考や面接で落ちてばっかりで、らちがあかない状態になっていませんか?あるいは・・・今まで留学していたり、資格試験に挑戦していたけど、どうやって既卒の就職活動をしたらいいか分からない状態になっていませんか?そんな既卒のみなさんに...

ベンチャー企業の魅力というと、経営層との距離が近いこと。会社の歯車ではなく、会社を動かしていると感じられる仕事がしたい人にベンチャー企業はおすすめです。ただ、良い事ばかりではありません。ベンチャー企業というのは資本力が弱いので、ちょっと舵取りを間違うと潰れてしまう可能性も大いにあります。報酬体系も良くも悪くも成果がダイレクトに反映されるので、結果が出せないと会社に居づらくなるという面もあります。自...

このエントリーをはてなブックマークに追加