スクール

フリーランス志望におすすめのWebマーケティングスクールを厳選比較

Webマーケティングは会社ではなく自宅や出先でも仕事をすることができるので、フリーランスに適した職種の1つです。

しかし、未経験からではすぐにフリーランスになるのは難しいので、Webマーケティングを教えてくれるスクールに通ってスキル・知識と働き方を身につけるべきです。

そこで、フリーランス志望におすすめのWebマーケティングスクールを通う前の注意点とともに解説したので参考にしてください。

フリーランス志望でWebマーケティングスクールに通う前の注意点

Webマーケティングスクールであればどこでもいいというわけではありません。

フリーランス志望でWebマーケティングスクールに通う前の注意点を確認しておきましょう。

独立しても使えるスキルを身につけられるか

当然ですが、フリーランスとして独立してやっていけるだけのWebマーケティングスキルを身につけられないのであれば、通う意味がありません。

正社員であれば、勤務先で割り当てられる仕事をこなしていれば、クビになることはありませんし、同僚がフォローしてくれます。

しかし、フリーランスは誰かに頼ることはできませんし、成果を出せないと契約は切られてしまい、次の仕事もままなりません。

フリーランスとして使えるWebマーケティングスキルを身につけられるスクールを選びましょう。

フリーランス案件の獲得方法を教えてくれるか

フリーランスマーケターを養成するスクールなのに、案件の獲得方法を教えてくれないのでは本末転倒です。

会社に勤めていれば広告営業が仕事を取ってきてくれるか、自社案件に携わればよいだけですが、フリーランスマーケターは自分で取ってこないといけません。

案件を取ってこれなければ収入はゼロなので、生活が成り立ちません。

スクールで案件獲得方法を教えてくれるカリキュラムになっているかどうかを確認する事は重要です。

フリーランス案件の斡旋があるか

可能であるならば、フリーランス案件の斡旋があることが好ましいです。

Webマーケティングスクールに通う人のほとんどは未経験者です。

案件の獲得方法を教えてもらったとしても、実績がないので初めて受注するまでに時間がかかります。

しかし、案件を斡旋してくれるのであれば、実績を積み重ねられるので、受注へのアピールになります。

もし、スクール自体に斡旋が無かったとしても、受講生同士のネットワークで紹介してくれる可能性があるので、その点も確認しておきましょう。

フリーランスWebマーケターを輩出している実績があるか

フリーランスWebマーケターを輩出していないスクールに通っても意味はありません。

フリーランスの輩出実績がないのでは、そこで学んでもフリーランスとして独立してやっていくのは難しいからです。

また、どのWebマーケティングスクールを見ても、受講者の体験談が掲載されているはずですが、数が少ないスクールは信頼性に乏しいので要注意です。

なお、体験談の中には、受講を終えた段階の人のものもあるので、省いた上でどれくらい実績があるのかを見ましょう。

もし、公式サイト上で確認できない場合は、各スクールで行っている無料相談・説明会で質問することをおすすめします。

フリーランス志望におすすめのWebマーケティングスクール8選

ここからは、フリーランス志望におすすめのWebマーケティングスクールを紹介します。

CONOWA

CONOWAはフリーランスのWebマーケターだけでなくWebコンサルタントとしても養成してくれるスクールです。

独立してやっていけるようにアウトプット重視で、顧客との商談に参加する機会もあるため、実践的な内容になっています。

卒業後は集客サポート(準備中)や運営会社のエッコから案件紹介を受けられることもあるため、フリーランスのWebコンサルタントとしてスタートが切りやすい環境です。

WEBMARKS フリーランスコース・両取りコース

SEOを学ぶWEBMARKSでは、フリーランスコースと両取りコースでSEO案件の獲得方法を教えてくれます。

カリキュラムの3ヶ月目に営業獲得・契約講座があり、直案件の取り方や代理店営業の仕方など、どのようにして顧客を獲得すればよいのかレクチャーしてくれます。

フリーランスコースは2ヶ月間の案件獲得サポートがあり、卒業後の質問会・懇親会に参加している人は半年以内に案件獲得率が9割あるため、フリーランスマーケターとして軌道に乗せたいのであれば、活用しないと損です。

コンバジョニスタ

コンバジョニスタは、事前配布の動画講座で広告運用のノウハウを学んだ上で、クライアント獲得や広告運用の実践を行う点がおすすめです。

クライアント獲得は本講座でレクチャーがあり、必要があれば営業同行まで対応してくれます。

広告運用も自ら獲得した案件やアフィリエイト案件を運用するため、実践的です。

困った時には週1回のグループコンサルティングやチャットサポートもあるので、フリーランスマーケターとしてのスタートをしやすくなっています。

Wannabe Academy

広告運用の実務経験を積めるWannabe Academyでは、キャリア支援の一環として、フリーランス・副業の案件獲得支援も行っている点でおすすめです。

クライアントの獲得方法だけでなく、優秀な人には案件の紹介もしているので、フリーランスマーケターという働き方も目指せます。

実際に、WANNABEメディアのレポート&卒業生の声では、フリーランスとして働いている人の実例も紹介されています。

Withマーケ

Withマーケは、月額4,980円の低価格でWebマーケティング全般だけでなく、案件獲得やコンサルティング方法も学べる点でおすすめです。

ブログ・SNSを駆使して案件獲得やアフィリエイトを実践するので、収入に直結する経験を積めますし、サイト・アカウント単位での添削サービスもあるので、未経験からでもスキルアップを実感できます。

勉強会も開催されていて、収益化・仕事獲得につながるノウハウを学べるので、フリーランスに向いた内容になっています。

ADREX MARKETING ACADEMY

ADREX MARKETING ACADEMYは広告運用に特化したWebマーケティングスクールで、フリーランス向けのパートナー制度がある点でおすすめです。

キャリアカウンセリングから始まるため、フリーランスとしてのキャリアプランを立てた上で、意欲的に広告運用を学べます。

パートナー制度では広告運用案件を紹介してくれるため、学んだだけで終わらずにフリーランスマーケターとしての第一歩を踏めます。

ランサーズデジタルアカデミー デジタル広告マスターコース

ランサーズデジタルアカデミーのデジタル広告マスターコースは、安心プランを選択すると案件獲得サポートがあります。

教材はダイレクトレスポンスマーケティングに強いデジタルアスリート社が監修しており、広告運用だけでなくセールスコピーライティングやクライアントワークなどを実践に近い課題解決型で学べるため、フリーランスになった際にも役立ちます。

案件獲得サポートは獲得の保証はしていませんが、毎週10件の案件を紹介しており、フリーランスマーケターとして活躍できる機会があります。

SHElikes

SHElikesは女性限定のキャリアスクールで、定額制で複数のコースを受講できるため、Webマーケティングの関連コースとフリーランスコースを組み合わせて受講できる点でおすすめです。

Webマーケティング関連のコースは7つあり、広告代理店や該当職種を経験している講師から学べます。

フリーランスコースでは仕事の獲得から納品までの流れを学ぶことができます。

受講状況やマッチングによる案件の紹介もあるため、フリーランスマーケターを目指すことも可能です。

副業・就職・転職を経てからフリーランスWebマーケターになる方が良い理由

スクールを卒業した後、副業・就職・転職を経てからフリーランスWebマーケターになった方が良い理由を解説しました。

生活面のリスクが少ない

会社員のまま副業を行い、それからフリーランスを目指す方が生活面のリスクが少ないです。

リーマンショックのように、いったん景気が悪くなると、人件費や広告費が削られるので、フリーランスとして活動ができていたとしても、収入が減ってしまいます。

最悪、契約を打ち切られる可能性もあります。

しかし、正社員として勤めていれば、会社が余程の経営悪化でもしない限り、リストラされることはほぼありません。

景気悪化が無かったとしても、給与を得ながら副業の収入も入ってくるので、精神的に安定してフリーランスを目指せます。

仕事の一連の流れを経験できる

Webマーケターに就職・転職すれば、Webマーケティングの仕事の一連のが流れを経験できます。

例えば、広告代理店に勤めれば仕事を請け負う側の仕事の流れが分かりますし、事業会社であれば発注側の流れが分かるという経験が得られます。

フリーランスとして活動する際に、それぞれの事情を知っていれば、交渉が発生する場面で上手く立ち回れるので、いったん就職・転職しておくことに損はありません。

フリーランスで失敗しても再就職しやすい

大学生やフリーターのように正社員で働いたことがない人は、就職して少なくとも3年は働いておくと、フリーランスで失敗しても再就職がしやすいです。

正社員としての経験が3年あると、転職・再就職で企業が評価してくれやすいからです。

単純に、フリーランス歴よりも正社員歴を重視しているのもありますし、年数が1年よりも3年の方がすぐに辞めない人という判断をするというのもあります。

フリーランスの経験でもダメというわけではありませんが、成果が伴っていないといけないため、失敗すると非常に厳しい状態に追い込まれます。

だからこそ、大学生やフリーターはいったん就職して3年間は経験を積んでおくとリスクヘッジになります。

他職種のフリーランスにもWebマーケティングスクールはおすすめ

既に他職種のフリーランスとして活躍している人にもWebマーケティングスクールはおすすめです。

本業の集客に活かせる

Webマーケティングを知っていれば、本業の集客に活かせるので、スクールに通う意味があります。

インターネットが普及した今でもアナログな集客方法は使えますが、媒体によっては金銭的に難しい場合があります。

また、手間がかかって本業に力を入れる時間が少なくなってしまうこともあります。

しかし、Webマーケティングであれば、効率的かつ安価に集客をすることも可能なので、売り上げにつなげることができます。

そのため、既にフリーランスの人や他の職種でフリーランスになろうとしている人にもWebマーケティングスクールはおすすめです。

需要が高い人材を目指せる

Webマーケティングを身につけることで、需要が高い人材を目指すことも可能です。

例えば、Webデザインのスキルと掛け合わせれば、集客からLP制作・Web制作まで一括して仕事を請け負うこともできます。

他にも、Webライティング、PythonやSQLによるデータ分析などもWebマーケティングと親和性が高いです。

このように、複合的なキャリアを築くことは、仕事の増加や報酬の上昇に寄与するので、Webマーケティングを学んでおいて損はありません。

フリーランスになるならWebマーケティングスクールに通っておいた方が良い理由

フリーランスになるならWebマーケティングスクールに通っておいた方が良い理由をまとめました。

困った時に役立つネットワークを構築できる

Webマーケティングスクールでは、勉強会や懇親会などを通じて、他の学生や講師との交流を持つことができるため、困った時に相談できるネットワークを構築できます。

というのも、フリーランスや独立は周りに相談できる人がいないために、孤独になりがちです。

このような交流に定期的に参加してくおことで、困った時に助けてもらいやすいです。

また、営業が上手い仲間がいれば、案件を紹介してくれることもあるかもしれないので、スクールで勉強会や懇親会などがあれば参加しておいた方が良いでしょう。

案件獲得のアピールになる資格取得のサポートをしてくれる

全てのWebマーケティングで行っているわけではありませんが、フリーランス案件獲得のアピールになる資格取得のサポートをしてくれます。

そもそも、案件獲得に資格は必須ではありませんが、未経験者同士で獲得を争っている場合、資格を持っている人の方が一定の知識・スキルを証明できるため、有利になりやすいです。

そのため、必須ではないとしても、取っておくに越したことはなく、サポートがあるのであれば受けておいた方が良いです。

フリーランスWebマーケターを目指す際によくある質問のまとめ

最後にフリーランスWebマーケターを目指す際によくある質問や疑問についてまとめています。

フリーランスとして広告運用とSEOのどちらを選ぶべきですか?

本人の希望次第というのが答えです。

案件の数は広告運用の方が多いですが、成果が出るのが早いため、数字が伴っていなければ契約を早期に打ち切られる可能性があります。

SEOは広告運用に比べると案件数は減りますが、成果が出るのに半年から1年はかかるため、収益的には安定しています。

また、広告運用の方がSEOよりも習得しやすいという違いもあるので、複数の点を考慮して、自分に合ったものを選んだ方が良いです。