スクール

就職・転職に強いWebマーケティングスクールを徹底比較

就職・転職に強いWebマーケティングスクールのイメージスクール

Webマーケティングスキルを身につけたいという人の中には、就職・転職目的の人も多くいます。

その際、学習と就職・転職活動を分けて行うよりも、一気通貫でする方が効率的です。

実は、Webマーケティングスクールは就職・転職支援を行っているところが多くあるので、活用しないと損です。

そこで、就職・転職支援に強いWebマーケティングスクールを徹底比較しました。

就職・転職支援の内容はそれぞれ異なるので、比較して自分に合ったWebマーケティングスクールを選びましょう。

就職・転職支援に強いおすすめWebマーケティングスクール9選

就職・転職支援に強いおすすめWebマーケティングスクールを9つ紹介します。

マケキャンbyDMM.com 転職コース

受講方法期間価格(税込)就職・転職支援習得分野
オンライン転職コース2~3ヶ月
学習コース1~2ヶ月
転職コース33万円
転職コースpremium65.78万円
学習コースの実務コース4週プラン17.6万円
学習コースの実務コース9週プラン28.6万円
学習コースの戦略コース38.5万円
※各コース別途入会金3.3万円
あり
※条件付きで転職保証あり
広告運用

マケキャンbyDMM.comでは転職コースを受講すると転職支援が付いてきます。

採用通過率1%の厳正な審査を通過した専属のキャリアトレーナーから就職・転職支援を受けられるのが特徴で、企業別に手厚い書類添削・面接対策が受けられます。

そのため、書類通過、一次面接通過は相場よりも高い実績が出ていて、転職活動を行った人のうち転職に成功した人が98%います。

卒業生の転職先からも「成長・活躍が早い」と好評で、広告運用の実践的なスキルが身につけたい人におすすめです。

Wannabe Academy(ワナビーアカデミ―)

受講方法期間価格(税込)就職・転職支援習得分野
オンライン
通学(新宿)
7ヶ月26.4万円
※別途入会金6.6万円
※学生割引あり
あり広告運用

Wannabe Academyでは専属のキャリアアドバイザーによる無期限の就職・転職支援があります。

そのため、何度でも応募書類の書き方や面接対策をアドバイスしてくれて、4,000件の中からWeb・広告業界の求人を紹介してくれます。

さらに、クライアントへのプレゼンから施策実施・改善まで、一気通貫で広告運用の実務経験を積めるカリキュラムになっているため、就職・転職の選考の際に「Webマーケティングの経験あり」とアピールすることができます。

これは他のWebマーケティングスクールには無い特徴です。

デジプロ

受講方法期間価格(税込)就職・転職支援習得分野
オンライン
通学(10校舎)
2ヶ月学生プラン25万円
通学プラン33万円
オンラインプラン38.5万円
法人コース38.5万円~
※通学・オンラインプランは別途入会金3.3万円
あり広告運用

Web・広告業界専門の転職エージェントのマスメディアンとも提携していますが、デジプロでは独自に転職支援を行っており、大手のWeb広告代理店を中心に多数の転職実績があります。

実践的な広告運用スキルを身につけられるだけでなく、講義課題をポートフォリオとして提出できるようになっているので、転職の選考において評価されやすいです。

現役Webマーケターの講師から推薦状も作成してもらえるので、アピールの補完にもなります。

WEBMARKS 就職コース・両取りコース

受講方法期間価格(税込)就職・転職支援習得分野
オンライン就職コース2ヶ月+10ヶ月
両取りコース2ヶ月+10ヶ月
フリーランスコース6ヶ月
就職コース49.8万円
両取りコース49.8万円
フリーランスコース49.8万円
あり
※条件付き
SEO

関東で20代限定となりますが、就職コース、両取りコースを受講した場合は、3ヶ月目を含めて10ヶ月間の就職・転職支援を受けられるので、就職・転職を考えている人におすすめです。

広告運用に次いでSEOは求人が多く、インハウス化する動きも見られますが、専門知識を持った人が少ないため、需要と供給のギャップが生まれています。

WEBMARKSはWebマーケティングの中でもSEOに特化しているため、スキルを身につければ、就職・転職のチャンスがあります。

Break Marketing Program

受講方法期間価格(税込)就職・転職支援習得分野
オンライン3ヶ月32.78万円
入会金3.3万円
ありWebマーケティング全般

カリキュラムの中で制作した課題はポートフォリオとして応募書類に添付できるため、転職の際のアピールになります。

加えて、提携している転職エージェントの転職支援も受けることができるため、応募書類の作成や面接対策に困った時は相談がしやすいです。

転職の実例も多数あり、未経験からの転職を考えている人におすすめです。

Withマーケ

受講方法期間価格(税込)就職・転職支援習得分野
オンライン1ヶ月~月額制4,980円
入会金44,800円
ありWebマーケティング全般

月額制かつ低価格で学習することができるWebマーケティングスクールです。

就職・転職を目指すロードマップも用意されていて、困った時には24時間以内に質問に答えてくれるサービスもあります。

求人紹介はありませんが、Zoomで面接対策をするなど選考対策をアドバイスしてくれるので、就職・転職目的で使えます。(※買い切りプランはサポート無し)

WeRuby(ウィルビー)

受講方法期間価格(税込)就職・転職支援習得分野
オンライン3ヶ月Webマーケティングコース109,780円
Webデザインコース109,780円
ありWebマーケティング全般

WeRubyはWebマーケティング、Webデザイン、プログラミングの何れかを学ぶことができる、女子大生限定のキャリアデザインスクールです。

自己分析、選考対策など就活イベントも開催していて、先輩社会人に相談できる機会もあるため、Webスキルを身につけるだけのスクールではありません。

内定先・インターン実績も大手企業が多く、就職・インターンを見据えている女子大生におすすめです。

デイトラ Webマーケティングコース+転職支援コース

受講方法期間価格(税込)就職・転職支援習得分野
オンライン閲覧無制限
質問は1年間
Webマーケティングコース99,800円
転職支援コース39,800円
あり広告運用

デイトラのWebマーケティングコースでは転職支援・転職斡旋は行っていませんが、転職支援コースでIT業界に特化して転職支援を行っています。

転職支援コースは他のスクールの受講生でも利用することができます。

求人紹介はありませんが、30以上のカリキュラムやマンツーマンサポート、1年間のチャットサポートが付いていてお得です。

テックアカデミー Webマーケティングコース

受講方法期間価格(税込)就職・転職支援習得分野
オンライン4・8・12・16週間学生16.39~26.29万円
社会人17.49~33.99万円
あり広告運用

カリキュラムの中で作成したオリジナルの出稿プランはポートフォリオとして使うことができ、就職・転職の際にアピールできます。

さらに、受講生向けのテックアカデミーキャリアで無料で転職支援してもらえますが、学習状況は転職アドバイザーと企業に共有されるため、学習を頑張ることがアピールにもなります。

就職・転職目的でのWebマーケティングスクールの選び方

就職・転職目的でのWebマーケティングスクールの選び方をポイントを踏まえて解説します。

学ぶ分野を決める

Webマーケティングスクールは特化型と総合型に分かれています。

特化型は広告運用またはSEO、総合型は幅広く学びます。

一般的に、広告運用を学ぶスクールが多いです。

まずは何を学ぶのか決めましょう。

また、就職・転職活動をする際の求人の多さも選択の要素です。

SEOよりも広告運用の方が求人が多いので、広告運用を学ぶスクールに通うというのもありです。

自走できるスキルを身につけられるかを確認する

入社後に教えられなくても一人で仕事ができる状態にしてくれるカリキュラムかどうかを確認しましょう。

基礎知識を学ぶだけではなく、課題に取り組んで評価してもらう実践的な形式が好ましいです。

もし、取り組んだ課題をポートフォリオにすることができれば、選考でのアピール材料になります。

さらに可能であれば、カリキュラムで実務にまで踏み込めるとより良いです。

実際にクライアントを持って広告運用やSEOを行う経験を積むことができれば、応募書類に実務経験あるというアピールができます。

例えば広告運用であれば、メディアプランニング、顧客へのプランの提案、アカウント設定・運用、効果検証・改善、顧客へのレポーティングの一連の流れを経験していれば、応募先から評価してもらいやすいです。

実践的または実務の何れか、もしくは両方含まれているWebマーケティングスクールを選べるとベストです。

転職保証は必須ではない

就職・転職目的では、転職保証は必須ではありません。

転職できなかった場合に受講費用が返金される転職保証は、転職がしやすい年齢があり、対象者の制限が生じるので、対象外の人には意味がありません。

もし対象者であっても、希望の会社に就職・転職できるとは限らないため、転職保証にこだわる必要はありません。

就職・転職支援の対象になっているか確認する

スクールのコース・プランに就職・転職支援が設けられているか否かにかかわらず、対象者が限定されていないか確認しましょう。

その際、年齢、性別、地域、職業といった項目に注目してください。

キャリア相談、選考対策をしてくれる

就職・転職支援なので、キャリア相談や選考対策をしてくれるWebマーケティングスクールを選ぶのは当然です。

メールで簡単に答えるだけではサポートとは言えません。

履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるのはもちろん、応募先に応じた面接対策をZoomなどのツールを利用して行ってくれるスクールを選びましょう。

その際、キャリアサポートをしてくれるアドバイザーに転職経験があるとより良いですが、絶対ではありません。

就職・転職実績がある

当然ですが、Webマーケティングスクールの受講者の体験談・口コミで、就職・転職実績があるところを選びましょう。

もちろんその数が多いに越したことはなく、職種もWebマーケターであればベストです。

というのも、Webマーケターへの就職・転職実績の中に広告営業が含まれている場合もあり、いくら未経験から業界には入れるとはいえ、それは本筋ではありません。

Webマーケティングスクールで学んで就職・転職を考えている人の多くはWebマーケターになることを目的としているので、実績もWebマーケターのものであることを重視しましょう。

就職・転職目的で受講を検討する際に感じやすい疑問

就職・転職目的でWebマーケティングスクールの受講を検討する際に感じやすい疑問について、まとめてみました。

就職・転職するために学習期間は短い方が良いですか?

必ずしも短い方が良いとは限りません。

学習期間が短いと、次のステップに移りやすいというメリットはありますが、時間が限られているために学びきれないというデメリットもあります。

そんな状態で入社しても、実力を発揮できません。

逆に期間が長いと、就職・転職のタイミングを逸するかもしれませんが、働きながらでも学習時間を確保しやすく、学習のために会社を辞める必要もありません。

学んだことを現職で活かすという選択肢も取れるので、学習期間が長いのは決して悪くはありません。

受講料は安い方が良い?

受講料を安いという視点だけで判断するのは止めた方が良いです。

確かに、安い方が負担は少ないですが、肝心の中身が薄かったら意味がありません。

しっかり学べて、就職・転職支援も付いていて、コストパフォーマンスが良いWebマーケティングスクールを選ぶべきです。

Webマーケティングスクール経由で年収アップはできる?

未経験からの就職・転職になる人がほとんどなので、すぐに年収アップする可能性は低いです。

いくらWebマーケティングスクールで学んだとは言え、即戦力ではありませんし、顧客を担当して実績を出せるようになるまでに時間はかかります。

しかし、実務経験を積んでいった先に年収アップすることは十分にあり得ます。