転職コラム

地方在住で収入の良い仕事を探すならリモートワーク可の企業を選ぼう

リモートワーク可の企業を選ぶイメージ転職コラム

地方在住で収入の良い仕事を探そうとすると、選択肢が限られてしまいます。

上京すれば収入の良い仕事はたくさんあるけれど、地元で働きたい。

そんな願いを叶えてくれるきっかけになったのが、リモートワークです。

今回の記事では、そもそも地方には収入の良い仕事が少ない理由と、リモートワークで地元にいながらにして収入アップができる理由を中心に解説しました。

地方には収入の良い仕事が少ない

地方には仕事がないわけではありませんが、収入の良い仕事が少ないです。

東京に本社が一極集中してる

首都のある東京に企業の本社が集中しています。

その分だけ地方には収入の良い仕事が減ってしまいます。

国としても地方分散を進めていますが、現状では大きく改善する方向にはありません。

そもそもの給与水準が地方は低い

一般的には生活コストは地方の方が低いです。

それに合わせて給与も低くなっています。

実際に、国税庁の民間給与実態統計調査結果(令和二年分)のデータでは、平均年収を東京と熊本で比較してみると、152万円の差があります。

地方に企業の拠点が少ない・ない

少子高齢化で地方の過疎化が進んでいます。

人が少ない分だけ消費も少ないため、各方面にお金が回りません。

採算が取れないのではそれなりの規模の企業が進出しにくく、あるとしても少ないです。

リモートワーク可の都心企業を選べば収入アップが期待できる

地方に収入の良い仕事がなくても、リモートワーク可の都心企業を選べば収入アップが期待できます。

少子高齢化で地方人材を確保しにきている

少子高齢化で、地方だけでなく都心でも人口の伸びは期待できません。

しかし、地方にも優秀な人はたくさんいるため、都心の企業がリモートワークを可能にすることによって、地方人材を奪いにきています。

NTTやヤフーのような大企業に限らず、人手不足に悩む中小企業もチャンスと見て、フルリモートに近い形で働けるようにしているところも増えてきています。

地方に在住している人にとっては収入アップのチャンスが来ています。

年収は地方よりも東京の方が120万円高い

前章では東京と熊本の平均年収の差が152万円あると述べましたが、他の都市でも120~130万円ほどの差があります。

単純に考えれば、東京のリモートワーク可の企業に勤めることができれば、それだけで年収が100万円はアップすることになります。

地方で年収100万円分をアップさせるのは、とても難しいため、リモートワーク可の企業に転職した方が良いです。

リモートワーク可の求人を探し方は簡単です。

転職サイトや転職エージェントで「リモートワーク可」の記載がある求人を選ぶだけです。

可能であれば、転職エージェントの方がリモートワークで聞きたいことを代わりに企業に確認してくれるのでおすすめです。

収入アップのためにリモート副業もあり

収入の良い仕事に転職するのではなく、リモート副業(ダブルワーク)をして収入アップをする方法もあります。

本業の環境を変える必要がない

転職は決まるまで精神的な負担があり、転職後も新しい環境に慣れる必要があります。

しかし、リモート副業という形であれば、転職をする必要はないため、プレッシャーはありません。

本業の環境を変えることなく、収入もアップできるので、転職したくない人におすすめです。

持っているスキルを活かせる

今勤めている会社が副業を許可していて、利益相反にならないという前提での話ですが、持っているスキルを活かすだけです。

新たにWebマーケティングやプログラミングを勉強してリモート副業をするのもいいですが、持っているスキルを活かす方が、始めるまでのハードルが低いです。

副業はランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイト、フリーランス向けの求人サイトを利用すると見つかります。

本業に支障が出ないようにするために、時間・スケジュールの管理ができる案件が多いクラウドソーシングサイトの方が良いでしょう。